ご挨拶

富屋は当代店主の祖父、重次郎が1940年に京都市北区寺町鞍馬口にて創業いたしました。

先代の榮一は京都府から「京都現代の名工」と、京都府食品産業協会から「京のフードマイスター」の称号を授与されました。

それに慢心することなく、創業から今でも同じ場所で、大量生産はせずに、必要最低限の数量の漬物を少人数の職人たちとともに作っています。

皆さまに愛されるよう小さくても一隅に光る漬物店でありたいと願っております。

真に体に良いものを食べた時の満ち足りた気持ち。自然の味をかみしめる喜び。お客さまからの「美味しかったよ」という言葉が何よりの励みです。

私たちの造る漬物がお客様の食卓の彩りの一つとなりますように願い今日も変わらず漬物を造っております。